アヤナスの成分を分析してみた

MENU

アヤナスの成分を分析してみた

アヤナス

 

アヤナスのエイジングケア成分

 

アヤナスには敏感肌や乾燥肌を重点的にケアするシリーズがあります。エイジングケア用品ともいわれるローションにはコウキエキスが配合されていて微弱炎症を抑えてくれます。CVアルギネートはコラーゲン生成をサポートする成分でポーラ研究所のオリジナル成分です。
保湿効果やリラックス効果に用いられている成分としては、ゼラニウム、カミツレ、ローズマリーがあります。リラックスすることでホルモンバランスを調整し、体と脳を活性化させるがあります。グリチルリチン酸2K(整肌)やヒアルロン酸(保湿)、アクティブプール(保水)などの他にも、セラミドナノスフィアがあります。これは保湿成分をヒト型セラミドでぐるっと囲み、通常セラミドの20分の1のサイズまでナノサイズ化しています。この作用で角層の表面に留まるだけだったものが、さらに内側に浸透することで次第にほぐれます。最終的には角層深部まで浸透するというスグレモノなのです。

 

成分だけじゃない!アヤナスの特許技術

 

アヤナスにはシモツケソウエキス(整肌)やアミノコンプレックス(保湿)、EV酵母エキス(美肌)、Gへスぺリジン(美肌)など隠し玉が次から次へと登場しエイジングケアの救世主となっています。特許技術であるヴァイタルサイクルヴェール®は浸透させた美肌成分を逃さない特殊な構造を武器にして角質保護保湿の働きがあります。コンドロイチンは保湿に、ゲンノショウコエキスは美肌作用があるとされています。